日本一くどい商品説明のメンズ雑貨店TAVARAT。ブログもくどく長く製品へのこだわりを書いてゆきます。

Amazonにおける不正アカウント問題及び2段階認証設定について

今日はAmazonの詐欺アカウントの多発について御案内申し上げます。

 

先に述べておきますが、当店のアカウントは早期に二段階認証にてアカウント管理に勤めておりますため、乗っ取り等にあうことはございません。それを前提に、ここからの記事を書かせて頂きます。


少しずつ大きなニュースにはなってきておりますが、Amazonにおいて格安の商品が出品され、それを購入したお客様のもとに商品が届かないという問題が起きています。

nlab.itmedia.co.jp

上記の記事に状況が細かく書かれておりますが、乗っ取られたセラーアカウント(出品者)が大量に現れ、正規の商品に対して格安の価格で商品を販売し、売れても購入者には商品が届かないという状況です。

 

具体的に、下記のような状況がおきています。こちらは某商品に対し多数の出品者が出品している状況です。この商品は下記画像の一番下のショップのものが正規品で1600円で売られています。こちらの商品はこのお店オリジナル商品で卸売りもしていないため、本来他のお店が相乗り出品することは難しいのです。できたとしても転売になりますから正規品より高く売らないと利益は出ません。ところがこれだけ多数の相乗り出品、しかも半額以下という破格でずらりと並んでおります。

f:id:tavarat_blog:20170427182534j:plain

こうなると購入者は当然安いとこから買おうとします。すると、お金を払ったのに待てども待てども商品が届かないという状況になるのです。

 

購入者の立場としての対策は、騙されないように見極めて購入するということしかできません。ある程度定価がはっきりわかるものであればだいたいの相場がわかるので明らかに安いものは「怪しい」と気づけるかと思いますが、そうでないものは見極めが非常に難しいです。極端に安いものには手を着けない、もしくは販売者のアカウント情報や出品者評価をみて信頼できるかどうかを確認するといったことが重要かと思います。

 

また、詐欺に合った場合は慌てずAmazonカスタマーサポートへ連絡してください。基本的に商品が届かない場合はAmazonからきちんと返金等の対応がなされます。泣き寝入りせず、カスタマーサポートへ連絡すれば保障を受けられますので購入者が被害を受けることはありません。

 

なお、この記事を書いている4月27日現在、TAVARATの商品に対して不正アカウントの相乗り出品はございません。現状はホーム&キッチンカテゴリーにて横行している様子ですが、今後どうなるかはわかりませんので当店としても目を光らせていきたいと思います。

 

さて、この件は当然ですが我々販売者の対策も求められます。セラーアカウントの防御手段として2段階認証が先日よりスタートしており、これをしておけば理論上乗っ取りは不可能となります。最初にも記載しましたが当店はすでに設定済みです。これで当店のアカウントが乗っ取られることはないのですが、乗っ取られたアカウントが相乗り出品してくればAmazonが取り締まらないかぎり当店として対応のしようがございません。先ほども記載しましたが、そういった状況になれば逐一チェックし、不正アカウントの通報を行い対処していきたいと思います。

 

ちなみに乗っ取りを受けているアカウントはいわゆる休眠アカウント、長期間放置されていたものが多いみたいです。そうなると乗っ取られていることに気づかないアカウントも多そうで、解決を長引かせる要因になっているかもしれません。

 

二段階認証の設定について

 

ここからは先ほどセラーアカウントとして設定したと記載した2段階認証について記載致します。乗っ取りの件は現在セラーアカウントを対象に広がってきておりますが、購入者用アカウントがその対象になるということも十分に考えられます。できる対策として2段階認証の導入は「必須」と考えております。「お勧め」ではなく「必須」です。

 

2段階認証というのはアカウントにログインする際に、指定した携帯電話番号(もしくはアプリ)宛てにSMSで送られた6桁のワンタイムパスを入力しないとログインできないという仕組みです。指定した電話番号宛てにSMSが届くので、それが見れないとログインは不可能となります。手元に指定した番号のスマートフォンが無ければログインできないので、IDとパスを何かしらの方法で手に入れたとしてもログインできないのです。これを設定すればほぼ確実に不正ログインを防げます。

 

私が個人アカウントにて設定した画面をもとにご説明させて頂きます。

 

まずパソコンのAmazonトップページより「アカウントサービス」に入り、「サインインとセキュリティ」から「高度なセキュリティ設定」へ進みます。ここからがその画面です。内容をよく読み、「設定を開始」をクリックします。

 

f:id:tavarat_blog:20170427182535j:plain

 

コードの受取方法を選択します。ここはテキストメッセージを選択。空欄に指定したい携帯電話番号を入力します。SMSで届くのでいわゆるガラケーでも大丈夫かもしれませんが、予備の設定としてアプリを使用する必要もあるのでスマートフォンを指定することをお勧めします。電話番号を入れたら「コードを送信」をクリック。

 

f:id:tavarat_blog:20170427182537j:plain

すると指定した電話番号宛てにAmazonより6桁のコードが届きます。

f:id:tavarat_blog:20170428190314j:plain

(練習や会社のアカウント等でいっぱいコードが届いておりますが決して攻撃を受けているわけではございません)

SMSで届いたコード(緑の□部分)を確認し、コードを入力、「コードを確認して続行」をクリックします。これでテキストメッセージでの二段階認証が完了します。

 

f:id:tavarat_blog:20170427182538j:plain

ただしまだ完了ではありません。次にバックアップ手段を追加します。SMSが何らかの理由でつかえない場合、こちらを利用できるようにしておきます。

これをするまえにスマートフォンへ下記のアプリを入れておきます。

play.google.com上記はAndroid用ですがiPhoneにも同じアプリがございます。

f:id:tavarat_blog:20170428190750j:plain

f:id:tavarat_blog:20170428190815j:plain

右下の赤丸+を押します。下記のAmazonページにでているQRコード(下記画像の2)を撮影すればアプリに自分のアカウントが設定されます。上記のようこのアプリは色々な二段階認証に使用されているので便利です。

f:id:tavarat_blog:20170427182539j:plain

アプリ上に記載されている6桁のコード【Amazon(自分のメールアドレス)の上に記載されている数字。】を3に入力し、「コードを確認して続行」クリック。

f:id:tavarat_blog:20170427182540j:plain

ここまで設定すれば後少し。

f:id:tavarat_blog:20170427182541j:plain

案内をよくよみ、最後、ここがわりと重要なのですが、「この端末ではコードの入力は不要です」にチェックを入れて「同意して2段階認証を設定する」をクリックすれば完了で、このチェックを入れれば同じ端末で二度とコードを求められなくなります。こうしておくことで同じパソコンやスマートフォンでログインするたびにSMSを見なくちゃいけないなんて手間がなくなります。自分しか使わない端末であればここにチェックしておけばOKです。ただし共用端末なので他人に触れられる可能性があるならチェックを外した方がよいです。

2段階認証を面倒と勘違いされている方の中でここの部分をご存知で無い方が多いですが、この方法で一度「この端末は大丈夫」と指定しておけば次回以降確認コードを入力することはなく、今までどおりIDとパスワードでログインできます。

 

※同じ端末でも違うブラウザでログインする場合はコード入力しないといけません。chromeで設定したあと、IEやedgeでログインしようとしたらコード入力必須です。スマホアプリで設定して、ブラウザでログインする場合なども同様です。

 

ここまでの流れで設定完了です。

f:id:tavarat_blog:20170427182542j:plain

 

言葉にすると長々しいですが実際はそれほど手間ではありません。ただ、なれていなければ多少とまどうこともあるかもしれませんが大事なアカウントを守るためですのでぜひ設定してみてください。

 

今回はAmazonの設定について書かせて頂きましたがYahoo!においても同様の設定が可能です。若干設定方法が異なりますのでこちらご参照ください。

id.yahoo.co.jp

そのほか、GoogleAppleアカウント、FacebookやLINEといったものも2段階認証を設定できます。このあたりも乗っ取られると大変面倒ですので今回Amazonでやってみたことと同じようなやり方でぜひ設定してみてください。

長くなりましたがAmazonにおける不正アカウントの状況と、対策などについて書かせて頂きました。ネットショップの信用性に関わることですのでAmazonには早期の対応を願わずにいられません。お客様におかれましては怪しいアカウントに気をつけながら、買い物を楽しんで頂きたいと思います。

 

TAVARAT Store Manager 山本 

f:id:tavarat_blog:20170420094432j:plain

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

TAVARAT ショップ

大阪府泉佐野市俵屋332番4

TAVARAT webショップはこちら↓

shopping.geocities.jp

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\