読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェイスブックでの投稿をしていて良かったと思える瞬間。


2回目の記事になりますが、ひとまずTAVARATのブログとフェイスブックの住み分けについては基本はフェイスブックで投稿し、ある程度残しておきたい内容についてはブログにしていこうと思います。

さて、本日は先日参加した東京インターナショナル・ギフトーショーにてお会いさせて頂いた企業様が来社されました。岐阜からわざわざ大阪までお越しいただき、色々と興味深いお話をして下さったのですが、もともとこちらの情報はあまりご提示できておらず、どこから説明しようかなと考えておりましたら、先方から「フェイスブックを拝見し、商品を見させて頂いております。」といった言葉を頂きました。

ちょうど連日のように自信の顔写真を載せていた(↓)ので急に恥ずかしくなってしまいました。

 

 

 

週末は2日ともポカポカ陽気の良い天気でした。私はといいますと、土曜日に久しぶりに深夜までお酒を飲んでおりました。地元の同級生と、2年ぶりにあつまったのですが、FBを見てもらっている友達から「あの写真、気取りすぎや!」と暖かい(?)メッセージ...
Posted by Tavarat(タバラット)-メンズ雑貨- on 2015年3月23日



ただ、こうして事前に調べて頂いていることはとても嬉しいですし、フェイスブックで顔を出すことで、いらっしゃる前に安心してもらえたり、信用してもらえたり、そういったことにも繋がるのかな・・・と感じました。

私自身も展示会などに行く際は、できるだけ事前にお話をしたい企業様の情報を拝見します。ホームページがあればそれが参考になりますが、フェイスブックなどでタイムリーな情報を発信して下さっているととてもわかりやすいし、そこに担当の方などが出ていらっしゃればお話しするときになんとなく安心感があります。実際、よく情報発信をされている企業様と展示会でお話した際に、「フェイスブックで拝見しておりました。」とお話をすると喜んで下さり、お話もスムーズにすることができます。

今回は逆の立場で、事前に下調べをして来て下さったことがとても嬉しく、また事前に下調べをして下さっているので打ち合わせもしやすくなりました。


数年前と違っていまはネット・メールを通じてのやりとりが多く、電話で声を聞いたりそれこそ顔を見てお話をする機会は少なくなってきました。それだけに、自分のお店や人となりを事前に知って頂くツールとして活用できれば、ビジネスの幅も広がってくるのかなと感じた一日でした。

もちろんお客様に対しても同様で、当店は実店舗をもたないネットで販売をしておりますので、そういったかたがどこかでTAVARATを知って下さり、検索したときに「こういう人がいるお店なんだ」と知って頂ければ、安心して買って頂きやすくなるのかなと考えています。

「店長ブサイクやな・・・」とお客様に逃げられるリスクも大ですが・・・・


ちなみに今日来社下さった方ですが、帰り際にお話を伺うとどうやら同級生で、私の大学時代の知人と高校の同級生だったということが発覚しました。大阪と岐阜、結構離れた場所なのですが、世の中意外と狭いものです。

TAVARAT 山本