使う人がストーリーを感じられる商品作りを目指し、ブログではそのこだわり、物語を伝えてゆきます。

ネイビーのドレスベルトが再入荷!革色の固体差について・・・

数量少な目で初回の販売をご好評のまま終えた、タバラットのベルトのフラッグシップTps-001ドレスベルトのネイビーカラー。クリスマス前になんとか入荷が間に合いました。

f:id:tavarat_blog:20171201080114j:plain

今回もあまり数量はなく、各モール分合計でも23本となります!

今回のネイビーの色味は初回よりも濃い目で、個人的にはこちらの色合いのネイビーのほうが好きです。前回はもう少し緑寄りのカラーでした。

「えっ、革の色が毎回違うん?」

と思ったかたもいらっしゃるかもしれませんが、お客様からお問合せがあった際もここはしっかりと「違います」とお応えさせて頂いております。

f:id:tavarat_blog:20171201080918j:plain

こちらは初回ロットをもとに作った製品画像。最初のものよりも緑か黄色がかったような印象に見えませんか?モニターの加減もありますが、実際に目で見てもそうです。

革の色、とくに「染料」で染めている革は色の違いが大きく、中でもキャメルやレッドなどの淡色ははっきりと違ってきますし、ネイビーなどの濃色であってもその色は毎回異なります。理由はいくつかありますが、大きな理由は革が「動物の皮」から作られているということ。

人間も一人一人違いますとおり、動物も一頭一頭個性が違います。個々によって組成ががことなり、部位によっても同様です。ですから前回と全く同じ重さの皮を同じ料の染料で染めたとしても、全く同じものには仕上がらないのです。

また、染める素材の特性と染める色によっても「ブレ」の加減が変わってきます。

今回のベルトは植物タンニンでなめした革。ナチュラルヌメを見たことがあればおわかりになると思いますが、染色前は下のような色になります。

f:id:tavarat_blog:20171201081343j:plain

ベージュ~黄色がかった感じの色合いが染色前のベースになります。ネイビーを作る場合はここに濃いブルーを足していくことになるのですが、顔料のように表面を覆って色づけする場合は別として、染料では透明塗料を重ねて色付けをしますので鞣した後の色が仕上がりに影響します。元の色の黄色×ネイビー染料ですから初回のロットのように緑に近いネイビーが仕上がることがほとんどです。ネイビーを買ったのに濃いグリーンが届いた・・・といった経験がある方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、ネイビーの染料で染めたものを「ネイビー」と定義した場合に、結果濃いグリーンであってもネイビーとして販売する場合もあります(もちろんページ状にその色の画像が無かったのなら問題ですが)。

当店で取り扱うFlathorityのプエブロ・ネイビーなどもネイビーというよりはグリーンに近い印象です。

f:id:tavarat_blog:20171201082117j:plain

一方でクロムで鞣した革の場合は鞣した後はが淡いブルーに仕上がります。ですのでこれを染料で染めていく場合、ブルー系の色はしっかりとブルーに染まっていきます。(もちろん組成の違いによっての色ぶれは毎回あります)

逆にイエロー系は難しいのかな。このあたりはまたタンナーさんに聞いてみます。

f:id:tavarat_blog:20171201081757j:plain

組成が均一に近い繊維類でもロット間の色ぶれは起こりますので、革はもっと難しいという部分、ご理解頂けましたでしょうか。

店舗としてここはとても悩ましい部分でもあります。製品画像は基本的に初期ロットを元に作成しますが2回目、3回目と追加するたびに色が異なり、都度画像を作成し変えていくことはほぼ不可能です。そのため、ロット間の色ぶれをご理解いただいて販売していくしかないという部分は難しさを感じます。

表面を塗料で覆う顔料の製品であれば、素地に影響されにくいので色ブレは少ないです。モニターの誤差程度の違いしかないので扱いやすいのですが、革本来の良さを感じてもらう、革の質感を体感してもらうには染料で仕上げたものが一番と感じていて、当店で扱う革製品の多くは染料染めです。丁寧に説明を重ね、この点ご理解を頂いていきたいと思います。

話が少しずれていきましたがネイビーのベルト、本当に格好良いです。革質としては徐々に色艶を増していくものになるので使いこむとより色濃い、深みのあるネイビーに変化して行きます。ぜひ一度ご覧下さい!

 ▼amazon店▼

 ▼Yahoo!店▼

store.shopping.yahoo.co.jp

さて、ネイビーの革を眺めているさなかにフェイスブックに流れてきた紺色に目を奪われました。

革鞄で有名なHERZ(ヘルツ)さんが今年のクリスマス企画に紺色のイタリアンレザーのシリーズを各店舗の数量限定で販売されるそうです。ちょうどソフトダレスが欲しいと思っていて、キャメルが好きなんですが鞄サイズのキャメルを綺麗にエイジングさせる自信がなく・・ネイビー格好良いし多少の雨染みはエイジングでごまかせそう!と興味心身です。12月1日、今日から販売スタートだそうですがなんと店舗でしか変えないし1点しかないそうな・・・・。絶対に売れきれる。。。。

 

1点ものの企画ができるというのは自社で全て物作りをされているHERZさんならでは。羨ましいです。当店でもいつかこんな企画をしてみたいものです。

 

さぁ、いよいよ12月に入りました。今年も残すところあと1ヶ月。クリスマスに向けて、誰かへのプレゼントや自分へのご褒美が増えるこの1ヶ月、TAVARATのスタッフもフル出動で体制を整えております。いつもに増して、丁寧にしっかりと梱包してお届けできるように頑張ってまいります!!

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

TAVARAT Store Manager 山本 

f:id:tavarat_blog:20170420094432j:plain

  \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

TAVARATのお勧めネイビーの革製品

   \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

TAVARAT アンテナショップ

大阪府泉佐野市俵屋332番4

 \\\\\\TAVARAT Yahoo!ショッピング店 \\\\\\

shopping.geocities.jp

 \\\\\\TAVARAT amazon店  \\\\\\

www.amazon.co.jp

 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\