読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSやブログで発信するということ

雑記 SNS

フェイスブックにも2日に渡って記載させて頂いたのですが、形に残しておきたくほぼ同じ内容ですが、Blogにも書かせていただきます。

タイトルは「SNSやブログで発信するということ」と書かせて頂いております。
SNSとはソーシャルネットワーキングサービスの略で、フェイスブックツイッターInstagramなどがこれにあたります。広義の意味ではブログも含まれます。簡単にざっくりですが、インターネットを通じて情報を発信し、そこからコミュニィテーを形成できるサービスの総称ということで良いかと思います。今ではこれらは基本的に無料で、誰でも使用することができます。

 


さて、11月からスタートさせましたTAVARATですが、店舗と平行してフェイスブックでの発信を始スタートさせました。フェイスブックでは書ききれないこと、少し形に残しておきたいこともあるので3月からブログもスタートさせています。
 
今回の記事の内容は、いち店舗としてフェイスブックやブログで情報発信するというのはどういった意味があるのでしょうか?ということを書かせて頂きます。


【お客様への情報発信】

まず1つ、これはビジネス的な要素が強いですが、当店のように新しいお店で実店舗を持たないネットショップとなれば、少しでも色々な方に見てもらいたいで す。そのきっかけとして、フェイスブックやブログから繋がって来店して下さる方が一人でもいれば。という部分が大きな意味としてあるのは素直なところで す。

ただ、私個人の考えとしてはこの部分は2次的要素です。これだけのために情報発信をしようと思ったことはございませんし、それだけのためにするなら、文章を書くことにかける時間のぶん広告でも買ったほうが効果は高いはずです。

ではなんの為に?と聞かれると、それはやはりネットショップという顔の見えない店舗を、顔の見えるものにしたいという思いが一番です。これだけネットでの商売が当たり前のように形で行われる時代です。カートに商品を入れて、何回かクリックするだけで数日後には商品が家に届きます。その商 品を誰が作っていて誰が売っていて、そんなことはあまり気にせず物を買う時代になりました。とても便利な時代です。ですが、同じようなお店がどんどん増え てきて、同じような商品がどんどん並び、そんな時代にもなってきています。

中には見た目に同じような物でも全くの偽物が売られたり、商品情報に記載されているものと違うものが届いたり、そんなことも残念ながら行われています。

そんなネットショップにあって、どういうお店なら安心して商品を買っていただけるのだろう?そう考えたとき、たどり着くのは「顔が見える店」じゃないかと私は考えています。

顔を出し、私がTAVARATの商品を企画し、販売していますということをお伝えしていく。AmazonでTAVARATの商品を発見された方が、イ ンターネット検索をしてくださり、Facebookを発見して投稿を見て、「TAVARATってお店はこういう人がやってるんだ。だったら安心して買え る。」と感じて頂けること、それが情報発信を続けていきたいと考える一番の理由です。

実店舗で物を買われる方で常連さんと言われる方が、そのお店の品揃えだけでなく、店員さんへの信頼なども含めてそのお店で物を買うのと同じく、ネットショップでもFacebookやブログでそれができる時代になりました。

ですからそういったツールを最大限に活用し、毎日情報を発信を重ね、一人でも多くの方に常連さんになって頂けるような関係をここで作っていく。そうすることで、TAVARATを信頼していただき、安心して商品を購入して頂けるのではないか、私はそう信じております。



【職人さんへの情報発信】
 
ここまでのお話は、情報発信によっていかにTAVARATを知って頂くか、そして顔の見える店舗にしていくか、と言う点です。ここから書かせて頂くことは、それらとは反対の方向です。

情報発信の最初の頃は、どうやってお客様に情報を発信するかということばかりを考えておりました。そんななか、当店の商品を作って頂いている工場の方から、ご連絡を頂きました。製品に使用した革についての説明をさせて頂いたのですが、それはお客様に向けてだけ発信していたつもりでしたが、工場の方がその発信を見て下さり、「職人さんが喜びます。」と言って下さったのでした。

このご連絡を頂いてから、「情報を発信するということはお客様だけでなく、作り手の方にもメッセージを届けることができる」と気付きました。

例えば革の製品で言えば、革を作って下さるタンナーさん、縫製職人さん、金具職人さんといった色々な工程を経て、商品が出来上がってきます。良い革を作っ て下さり、良い縫製をして頂き、良い金具を取り付けてもらう。それで初めて商品が出来上がり、販売をすることができます。

それぞれの職人さん、スタッフさんにできるだけ直接お会いして感謝をお伝えできればいいけど、一人一人に・・・というわけにはなかなかいきません。

だけど、こうして情報を発信していれば、職人さんにも見ていただくことができるんです。
作って頂いた素材・製品を、私たちはこうして販売していますということを、思いや感謝、そして商品への愛着を知って頂くことができます。もちろんこれも簡単にはいきません。地道にコツコツと発信していくことで、お客様だけでなく、作り手の皆様にも見ていただけるようなものにしていきたい、層考えております

商品を買ってくださったお客様が喜んで下さるのは一番に嬉しいですが、それと同じく職人さんが喜んで下さるのも嬉しいです。TAVARATというショップの情報発信によって、そういうことを身近に感じられたらいいな・・・・というのが情報発信の1つ大きな目的です。



長くなりました。最後までご覧頂いた皆様、ありがとうございます。
こういう考えの下、今後もこつこつ情報発信を続けてまいりたいと思います。

どうぞ気長にお付き合い下さい。

TAVARAT 山本